2013年09月02日

能力を伸ばす_214

「造花のごとく、色は美しいが香気がなくてはだめである。人もまた言葉巧みでも、実行力がなくては人から尊敬されない。言行一致なら必ず福を得るものだ。」
このことばから思いだしたことがあります。
ある自動車販売の社長さんは、自分のショールームを造花ではなく、すべて生花で飾っています。
お客さまに、まず生きた花を見てもらい、ついでに車を眺めてもらいます。
生き物としての花を飾ってあるのは、それだけ車も丁寧に扱っているというポリシーなのです。
こう説明してくれました。
  

Posted by イロハス君 at 16:34能力開発

2013年09月01日

能力を伸ばす_213

「人が以前に悪事をなしても、のちに悔悟してふたたび悪を犯さなければ、彼の行為は善であって、むしろ世間を照らす燈明となろう。あたかも、月の雲が晴れて、散じて明月となるごとしである。」
子どもがふとした気の迷いもあって、悪いことをしてしまった。
それを気に病み、心が晴れない場合があります。
どうしたのかと聞いてみても、自分が悪いことをしたという意識があるので、説明できません。
そんな子どもに、『法句経』のここの部分はなんと役に立つことでしょう。
子どもに、この話をしてあげたらどうでしょう。
  

Posted by イロハス君 at 15:37能力開発