天才クラブ★エフイーアイ › 能力開発 › 子育てエッセイ(アーカイブ3_181)

2015年07月07日

子育てエッセイ(アーカイブ3_181)

あるお父さんの話です。
日差しがきつい昼の時間に、親子が歩いています。
あまりに暑いので、子どもは父親の影のなかを歩いています。
それに気づいた父親がいいます。
「子どもは風の子、太陽の子だから、がんばって日向を歩きなさい。そうでないと、日陰の人生を送ることになるよ。」
父親の言い分が分かって、子どもは日の当るところへ飛び出しました。
よく似た話があります。
別の父親は、同じような状況で、子どもを怒鳴りあげたそうです。
あなたなら、どういう説得の仕方をしますか。

別のお母さんの話です。
このお母さんのモットーは「どんな逆境でも生き抜く」です。
お父さんが会社をリストラされたときは、すぐにパートの仕事を見つけてきました。
なかなか再就職が見つからない間も、愚痴をいうことなく、励まし続けました。
そして、子どもたちにも家の状況を話し、協力を求めました。
家計の状況が好転するまでは、できるだけの手伝いをしてほしい、と。
姉は料理をし、弟は掃除と洗濯を担当しました。
今では、笑って当時のことを話すことができます。
この二人の子どもは、いい大人になりました。

さらに別のお母さんの話です。
友だち同士の間では、同じ持ち物をもちたいものです。
友だちが携帯電話を買いました。
そこで、私もほしいと言ったら、そのお母さんはこういいました。
「買ってやりたいけれど、今、うちの家にはそれだけの余裕がない。これは、天があなたに与えた試練だと思いなさい。」
「天ってなに。」
「神さまみたいなものよ。それがあなたを試していると思ってみて。この試しを乗り越えたら、あなたはもっともっと大きな人間になるから。」
「ふーん、分かったような気がするわ。がんばってみる。」


脳科学を取り入れた楽しいプログラム:イロハス・クール
無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール


低学年からの考える力を育て続けて20年、
学びの感性を育むエフイーアイ


生きていく力を身につけるために受験は絶好の機会です。
小学校低学年から高校生まで一貫したプログラムで指導する、
一人一人の顔が見える少人数の教室だからこそできることがあります。
「国立大学に合格出来てよかったね!」と笑顔で祝える日ををぜひ私達と共にしましょう!


詳細はホームページをご覧ください。 http://fei.bz/

脳科学を取り入れた楽しいプログラム:イロハス・クール
無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール
イロハス・クール http://irohas.net/

体験授業お申し込みは0120-933-806まで

毎月第3金曜日19時30分より20時30分
JR環状線玉造駅すぐのカタリーナホールで
子育て教育セミナーを開いております。



同じカテゴリー(能力開発)の記事画像
子育てをめぐって  第7回
子育てをめぐって  第6回
子育てをめぐって  第5回
子育てをめぐって  第4回
子育てエッセイ(アーカイブ3_178)
子育てをめぐって  第3回
同じカテゴリー(能力開発)の記事
 子育てをめぐって 第7回 (2015-07-15 13:19)
 子育てをめぐって 第6回 (2015-07-12 19:43)
 子育てをめぐって 第5回 (2015-07-08 17:59)
 子育てをめぐって 第4回 (2015-07-06 12:26)
 子育てエッセイ(アーカイブ3_178) (2015-07-04 14:16)
 子育てをめぐって 第3回 (2015-07-03 15:18)

Posted by イロハス君 at 14:32 │能力開発